自己流の包茎治療は危険性があるの?主なトラブルについて

自己流の包茎治療は危険性があるの?主なトラブルについて

自己流の方法で包茎治療を行っている男性もいるかもしれません。

 

ですが自己流だと思わぬトラブルを招く可能性があり、危険性も含んでいます。

 

どんなトラブルが考えられるのでしょうか。

 

ペニスを傷つけてしまうことが

 

多くの人は自力で包茎を治療しようとする時、皮を剥いた癖を付けようとするはずです。

 

当然ペニスを触ることになり、皮を強引に引っ張ったりもするでしょう。

 

この場合、ペニスを誤って傷つけてしまう恐れがあります。

 

出血を伴うこともあり、そこから雑菌が入ってしまうことも考えられ危険です。

 

痛みも感じますし、大事なペニスを傷めてしまうことがある、これは十分に認識しておかないといけません。

 

皮が戻らなくなる

 

無理に皮を剥くと、そのまま戻らなくなってしまうことがあります。

 

包茎を治療したいんだからそれでいいと感じるかもしれませんが、強引に剥くとペニスが皮で圧迫されて強い痛みを感じることがあるのです。

 

いわゆるカントン包茎の状態で、ペニスがうっ血して、最悪の場合壊死してしまうリスクも出てきます。

 

治療したいからと、無理に皮を引っ張ったり剥いたりするのは危険です。

 

もし自分で皮を剥くとしてもゆっくり、そして自然に剥ける範囲でやるようにしましょう。

 

クリニックでの治療がベスト

 

包茎治療はクリニックで処置してもらうのが、もっとも良い方法です。

 

クリニックならプロの医師が慎重に治療してくれますし、高い効果も期待できます。

 

包茎を改善したいなら、結局はクリニックが一番なのです。

 

正しい知識がない状態で自力で治療するのではなく、医師に診察をしてもらい最適な治療法を提案してもらいましょう。

 

たとえば手術での治療なら余分な皮を切除することで、自然と包茎を治療可能です。

 

自力でやるよりも短期間で問題解決が目指せ、安全性も高くなります。

 

自己流での包茎治療はトラブルを引き起こすことがあり危険です。

 

自分で治そうとするのではなく、クリニックで専門家に診てもらうことが大切です。

【確認】長茎手術の費用トラブルを避ける5つのポイントとは?