恥垢って何?原因や特徴、危険性について

恥垢って何?原因や特徴、危険性について

ペニスに恥垢が付着していると不潔なイメージがありますが、実は不潔というだけでなく、恥垢は性病の発症リスクを高めてしまう危険な存在でもあります。性病を防ぐためにも恥垢は取り除き、ペニスは常に清潔に保たなければいけません。

 

恥垢が溜まってしまう原因と特徴は?

 

シャワーする男性

恥垢は性器に付着する垢のような粘土状物質で、その元となっているのは自らが発生する尿や精液です。なので入浴の際にしっかりと洗ってペニスを清潔に保っていたとしても、暮らしの中で自然発生してしまいます。男性女性共に恥垢は発生しますが、男性の場合は亀頭部に見られます。

 

酷いチーズのような悪臭を発するため、明らかに不潔なイメージを持たれやすく、特にセックスの際にパートナーに不快感を与えてしまいます。それだけでなく、恥垢が溜まって放置され続けると性感染物質の温床となってしまい、ヘルペスやコンジローム、カンジタなどの性病リスクを高めてしまいます。

 

さらには陰茎ガンの発症率も高めてしまうとされています。また恥垢が溜まった状態で性交渉を行うとパートナーに感染症を移してしまう恐れもあります。自身だけでなく相手に迷惑をかけないためにも、恥垢を常に取り除いてペニスを清潔に保っておく必要があります。

 

恥垢を取り除けない重度の包茎は危険?

 

亀頭が露出しているペニスであれば恥垢は溜まりにくく、溜まっても直に洗って清潔に保ちやすいのですが、包皮に包まれている包茎ペニスでは難しい場合もあります。普段は包皮に包まれていても自力で剥くことができる仮性包茎であれば恥垢を取り除くのは難しくありません。ただし普段は包皮に包まれているため尿や精液が残留しやすく、湿気が溜まって不衛生になりやすいので念入りに洗って清潔にする必要があります。

 

重度の真性包茎でまったく亀頭が露出できない状態は危険です。包皮と亀頭の間を直に洗うことはできず、放っておくと尿や精液が残留し続けて恥垢を溜め込んでしまいます。そうなれば酷い臭いが常習化するだけでなく、性病リスクも大幅に高めてしまいます。

 

包茎の恥垢を取り除くにはどうしたらいい?

 

真性包茎でもできるだけ包皮を剥いて恥垢を取り除くことは不可能ではありませんが、亀頭の根元まで完璧に綺麗にするのはほとんど不可能です。恥垢が取り除けないから仕方がないとあきらめず、性病リスクを高めないためにも早期に医療機関に相談して包茎手術を受けることも検討しましょう。近年は包茎状態であっても生活にも外観的にも支障はないと考える方が増えましたが、恥垢を取り除けないほどの重度の包茎は健康を保つ意味でも、改善すべきです。

クリニック公式HP 切る 切らない
お勧め↓
→ABCクリニック
300,000円〜
【埋没部露出術】
150,000円〜
【切らない術式】
本田ヒルズタワー 非公開 非公開
東京スカイクリニック 300,000円〜
【V-Yスキン法】
150,000円〜
【トライアングル法】
東京メンズサポート - 300,000円〜
【切らない長茎術】
コムロ美容外科 400,000円〜
【コムロ式ドローアウト法】
100,000円〜
【脂肪吸引長茎術】
※費用は公式HPで公開されている分を掲載しています。定価での掲載となるため、各院オリジナルのキャンペーンが実施されている場合があり、場合によっては30%OFFや半額になるケースもあります。変更されている場合もありますので、詳しくは各院公式HPをご確認ください。又、各院無料のカウンセリングが実施されています。その際に費用の見積もりを提示してもらえます。