亀頭のブツブツは包茎の人に多い、因果関係と消す方法

亀頭のブツブツは包茎の人に多い、因果関係と消す方法

包茎の方は正常なペニスと比べると不清潔になりやすいという事実は否めません。そのため性病をはじめ様々なトラブルを招くリスクを高めてしまう包茎です。酷いトラブルは起きなくとも痛みやかゆみはないブツブツができて見た目的に嫌で恥ずかしい、とコンプレックスを感じてしまう人は少なくありません。

 

亀頭に発生するブツブツの正体は?

 

痛みやかゆみがないブツブツの正体は2つ考えられます。1つ目は尖圭コンジローマで、2つ目はフォアダイスと呼ばれるものです。尖圭コンジローマは性病の一つですが、性器部位にブツブツのイボができるだけで、日常生活を困難にしてしまうような恐ろしい症状は起きません。

 

稀に痛みを生じることもありますが、基本的には無痛でイボに気が付いてようやく分かるくらいです。痛みがなく無害に近い考える方もいます。しかし性交渉でパートナーに感染させてしまうこと、原因となるウイルスに感染してしまうと再発リスクが高いという、軽視はいけない厄介な存在です。

 

フォアダイスも尖圭コンジローマのようなブツブツが発生しますが、性病ではありません。ウイルス感染によって起きるものでもないので、性交渉でパートナーに感染させてしまう心配もありません。原因は汗腺に脂肪が溜まってしまったことによって起きる生理現象です。

 

発生原理はニキビと似ていますが、一時的ではなく長く残ってしまうのが特徴です。他人に移す心配はないので無害ですが見た目的に悪く、またパートナーに性病と誤解されてしまうこともあります。精神的にコンプレックスとして抱えてしまう方も少なくありません。

 

包茎とブツブツの因果関係は?

 

尖圭コンジローマとフォアダイスのいずれも包茎の方は発生率が高いとされています。しかしその理由は包茎が正常なペニスよりも不潔な環境となりやすいためです。性病である尖圭コンジローマはウイルスが原因です。包茎のような不潔な環境では恥垢を溜め込みやすくじめじめしていて、ウイルスが繁殖するには格好の環境となってしまいます。

 

フォアダイスはウイルスとの関係がないため、包茎に関係なく発生するともいえます。しかし不潔な皮膚環境がニキビを招きやすいのと同様に、包茎の亀頭環境がフォアダイスを発生させやすいとも言われています。

 

ブツブツを消すことは可能

 

尖圭コンジローマはウイルス感染で再発リスクも高いので根本治療が必要ですが、レーザーや皮膚除去でブツブツを取り除くことができます。フォアダイスは無害なのでそのままにしていても問題はありませんが、見た目的に嫌ということであれば同じようにレーザーで取り除けます。ただし、包茎状態では除去が難しかったり、また同じようなブツブツを発生させる可能性も高いので、同時に包茎手術を検討してみるのもよいでしょう。

クリニック公式HP 切る 切らない
お勧め↓
→ABCクリニック
300,000円〜
【埋没部露出術】
150,000円〜
【切らない術式】
本田ヒルズタワー 非公開 非公開
東京スカイクリニック 300,000円〜
【V-Yスキン法】
150,000円〜
【トライアングル法】
東京メンズサポート - 300,000円〜
【切らない長茎術】
コムロ美容外科 400,000円〜
【コムロ式ドローアウト法】
100,000円〜
【脂肪吸引長茎術】
※費用は公式HPで公開されている分を掲載しています。定価での掲載となるため、各院オリジナルのキャンペーンが実施されている場合があり、場合によっては30%OFFや半額になるケースもあります。変更されている場合もありますので、詳しくは各院公式HPをご確認ください。又、各院無料のカウンセリングが実施されています。その際に費用の見積もりを提示してもらえます。