長茎手術はペニスを切る手術?それとも切らない手術?

長茎手術はペニスを切る手術?それとも切らない手術?

長茎手術は、「ペニスが短い」というコンプレックスを抱いている男性にとっては魅力的に感じるものだと思うのですが、「手術」となると、やはり「ペニスを切るのだろうか…」と不安になると思います。

 

手術用ハサミ

 

それは、ペニスが刺激に敏感な部分であることもそうですし、もし切開した部分の傷が目立つようになってしまったら、今度は傷跡が気になって男性としての自信を喪失してしまう可能性も考えられるからです。

 

では、長茎手術というのは、ペニスを切る手術なのでしょうか?それとも、ペニスを切らない手術なのでしょうか?

 

この疑問、結論としては「ペニスを切る方法」と「切らない方法」の両方があります

 

長茎手術は、大きく分けて「埋没陰茎長茎術」「下腹部脂肪吸引式長茎術」の2種類の方法があり、前者の埋没陰茎長茎術に関しては、「切開式」と「非切開式」、つまりペニスを「切る手術」と「切らない手術」とに分けることができます。

 

切開式の手術では、ペニスと恥骨とをつないでいる靭帯の一部を切断し、非切開式の手術では、靭帯をゆるめて医療用の糸で固定します。

 

「靭帯に手を加える」という部分は同じですが、どちらの方法で手術するのが良いのかということは、医師がペニスの状態を見て判断します。

 

つまり、非切開式の手術を希望していても、切開式の手術になってしまう可能性もあるということになるのですが、切開式の手術を受けたとしても、陰毛で隠れてしまうような部分を切開するので、目立つような傷跡ができる心配はないと考えておいて良いと思います。

【確認】長茎手術の費用トラブルを避ける5つのポイントとは?