切らない長茎術を受けることでセックスにどんな影響があるのか?

切らない長茎術を受けることでセックスにどんな影響があるのか?

男性はペニスにコンプレックスを抱く場合があり、それは多種多様と言えます。中でもサイズを気にするという場合があり、つまりペニスをより長くしたいと考える男性の数は数え切れません。ペニスのサイズアップには長茎術と呼ばれる切らない施術方法があり、それにより改善が望めます。

 

長茎術がセックスに及ぼす影響

 

長茎術はペニスのサイズを大きくするための方法であり、セックスに影響を及ぼすことになります。セックスは子孫を残すための手段としてだけでなく、愛するパートナーとの仲を深め性的な満足を覚えるためにも重要なものです。

 

ペニスが短いなど問題がある場合、十分に感じることができず男女ともに快感を覚えることが困難となります。それがきっかけでパートナーとの仲も冷えてしまい、夫婦の場合セックスレスに陥り最悪離婚に発展するケースもあるのです。

 

長茎術によりペニスを長くすることで男女ともに得られる快感は別物です。それは女性を満足させられるということから男性の自信にもつながります。

 

長茎術はいつからセックスができるから

 

長茎術はペニスを切らない施術方法ですが、ペニスを固定する体内の靭帯を緩めるため皮膚の切開と糸の縫合は行われます。そのため、長茎術の後すぐにセックスを行えるわけではなく、施術を行った医師から許可を得る必要があります。施術後三週間は様子を見なければならず、セックスを控える必要があります

 

通常のセックスだけでなく、オナニーも同様です。施術から三週間経過し医師からの許可を得れば、セックスやオナニーをしても問題ありません

 

ペニスのサイズが及ぼす影響

 

ペニスが小さいことは男性によってはコンプレックスです。女性に対して消極的になってしまい、またパートナーとなる女性がいたとしても満足させることができず仲が悪くなることは考えられます。

 

十分なペニスサイズがあることには利点が多く、セックス時に感じることができる快感にも比例しますがそれだけではありません。衛生面においても、ペニスに十分なサイズがあることはメリットとなります。ただコンプレックスになるだけの問題ではないのです。

 

長茎術によりペニスのサイズアップを図ることは、セックスに大きな影響を与えます。大きな快感をもたらすだけではなく、衛生的で安全なセックスを行うのにも一役買うことになります。男性自身のためだけではなく、パートナーとなる女性のためにもある施術方法が長茎術であるのです。

【確認】長茎手術の費用トラブルを避ける5つのポイントとは?