皮余りタイプの仮性包茎に適している包茎矯正グッズの特長

皮余りタイプの仮性包茎に適している包茎矯正グッズの特長

包茎矯正グッズは、自宅で気軽に包茎が治療できる優れモノのグッズですが、基本的には包茎の中でも症状が比較的軽い仮性包茎専用の物がメインになります。要するに皮が余っているタイプの人が使用するのですが、どのような特長があるのでしょう。

 

剥き癖をつける矯正器具

 

皮余りタイプの人が使用する仮性包茎に適した包茎矯正グッズの特長を一言で言うなら、剥き癖をつける矯正器具と言えます。市販の包茎矯正グッズは、仮性包茎の矯正を目的とした物がメインですが、リングタイプ、下着タイプ、シールタイプなど色々な種類があります。

 

いずれも剥き癖を付けるためのグッズで、仮性包茎を治す目的で使用します。グッズなので100%治る保証はありませんが、包皮に剥き癖をつけることにより、少しずつ包茎を矯正していくことが可能です。ただし、余分な包皮を直接取り除く手術ではないので、余った皮がなくなることはありません。

 

仮性包茎ならまずは試してみる価値あり

 

仮性包茎のための包茎矯正グッズは、矯正器具を使った矯正方法になり、余っている包皮が亀頭に被らないよう器具で固定します。これはリングタイプもシールタイプも同じで、矯正器具を使用しながら包茎を徐々に改善していきます。

 

余分な包皮に対して癖つけをするだけなので、包茎が完治するものではありませんが、軽度の仮性包茎の人が卒業するために使用するのにはオススメです。

 

人それぞれの体質があるので、包茎矯正グッズがどれほどの効果を発揮するかは未知数ですが、仮性包茎の人には効果が見られることが多いので試してみる価値はあります。

 

自分に合ったものを選ぶ

 

包茎矯正グッズで一般的なのは、余った皮を剥いて亀頭を露出させて固定するリングタイプやシールタイプになりますが、下着と一緒になった下着タイプもあります。下着タイプは、パンツの中に亀頭を露出させる器具が付属しているので、履くだけで包皮を固定しながら同時に亀頭を刺激から慣れさせることが可能です。

 

見た目的に矯正器具であることが一目でわかる物が下着タイプには多かったのですが、最近はわかりにくいトランクスタイプなども販売されています。このように、包茎矯正グッズには色々なタイプが用意されているので、自分に合ったものを選びましょう。

 

仮性包茎向けの包茎矯正グッズは、基本的に余った包皮が亀頭に被らないように器具で固定し、剥き癖をつけるようになっています。リングタイプ、下着タイプ、シールタイプなどの種類があるので、自分に合ったものを試してみましょう。

【確認】長茎手術の費用トラブルを避ける5つのポイントとは?