長茎手術の後に注意したい術後トラブルと対策について

長茎手術の後に注意したい術後トラブルと対策について

長茎手術後はトラブルが発生しないよう、緊急の連絡先などを分かるようにしておくことが大切です。万が一術後トラブルが起きてしまったら、手術をしたクリニックに連絡するようにしましょう。

 

手術後のアフターサービス

 

手術後にもしもトラブルが起きてしまった場合、すぐに対応してくれるクリニックと、そうでないクリニックがあります。また、24時間電話対応をしてくれるクリニックも少なくないです。基本的に手術後にトラブルが起きてしまうことはほとんどありません。

 

もし起きてしまった際に、きちんとアフターサービスが整っているクリニックを選択していた方が安心です。不安に感じている点は自分で判断するのではなく、クリニックに相談して早めの対処をするようにしましょう

 

手術後の主なトラブル

 

手術後の起きてしまう主なトラブルを紹介します。事前に把握しておくことにより、もしもトラブルが起きても冷静な対応ができるはずです。手術後すぐに腫れるのは正常なことですが、1週間以上腫れが引かなかったり、痛みが引かない場合は異常が考えられます。

 

また、1週間経過後に排尿に痛みが伴う場合には、尿道に細菌が入ってしまい、炎症が起きてしまっている可能性があります。これらの場合には、手術をしたクリニックに相談するようにしてください。

 

2ヶ月ほど激しい運動を避ける理由

 

手術後は基本的に2週間程度は性行為を避けるようにして、2ヶ月ほど経過するまでは激しい運動もしてはいけません。

 

この理由には、激しい運動をすることにより皮膚をくっつけている抜糸が切れてしまい、最悪の場合には傷口が開いてしまう恐れがあります。

 

2週間程度である程度の力に耐えられるようになりますが、傷が完治しているわけではありませんので、強い力を加えると開いてしまうことがあります。

 

重要になるのは、もしもトラブルになったとしても焦らないことです。クリニックに症状を伝えるようにして、的確な指示を仰ぐようにしましょう。

【確認】長茎手術の費用トラブルを避ける5つのポイントとは?