長茎手術を行う際には注意点を医師に確認するべき

長茎手術を行う際には注意点を医師に確認するべき

長茎手術を行う際には事前に確認をしておくべき注意点があります。特に術後の長さや手術方法については理解をしておくことが大切となるため、担当医師にしっかりと確認をすることが必要です。

 

医師カウンセリング

 

手術には主に2つの方法がありますが、剥離法を選択した場合には個人差を多く感じます。この方法では体の中に隠れている陰茎のたるみを伸ばして外に出す訳ですが、たるみに関しては個人差が大きく、ほとんどない方もいます。たるみ具合に左右されるので、医師の判断が大切です。

 

もう一つの固定法は体脂肪の多い方に適しており、下腹部の脂肪を吸引して脂肪に埋まっていた部分を外に出せるようにするものです。こちらも脂肪があまりない方のサイズアップは難しくなっています。

 

各手術には注意点があるため、事前に相談をして確認すべきです。長茎手術でどのくらい大きくなるかは、事前の検査で確認することができます。医師の説明を聞いて手術の判断をしていくことが重要となっています。

 

またこのほかの注意点として、失敗のリスクについても確認をしておきましょう。長茎手術は短時間で完了するため、簡単な手術ととらえられがちですが、陰茎を固定している靱帯の一部を切除することもあり高度な技術が求められます。

 

縫合の仕方も重要で、不十分であると時間の経過と共に元に戻ってしまうこともあります。長茎手術ではリスクについての説明を受けることも大切なことなので、十分に注意をしておくことをおすすめします。

【確認】長茎手術の費用トラブルを避ける5つのポイントとは?