包茎の男性は奥手になってしまうのは当たり前なの?

包茎の男性は奥手になってしまうのは当たり前なの?

女性がバストやウエストやヒップを気にするように、男性はペニスを気にすることが多くあります。異性との接触の際、性的にアピールをする部位でも、真性包茎であったらどうでしょうか。真性包茎である男性は、コンプレックスやその他問題点から奥手になってしまうことがあります。

 

真性包茎はコンプレックスになる

 

多くの男性は包茎であると言われていますが、ほとんどは仮性包茎です。仮性包茎は勃起していない通常時は亀頭が包皮に覆われている状態ですが、手で簡単に剥いて亀頭を露出させることができます。症状は軽く、コンプレックスに思う男性も多くいますが必ずしも手術をする必要ななく、コンドームの装着も可能です。

 

しかし、真性包茎の場合は異なります。亀頭が完全に包皮に覆われてしまっているため、手で剥いて露出させることができません。真性包茎が原因となりペニスの短小や早漏、さらに悪臭が発生することがあります。包茎の中でも重症であり、患っている男性にとってはコンプレックスであるのです。

 

真性包茎を良く思わない女性は多い

 

男性にとって真性包茎はコンプレックスであり、忌み嫌われてしまうことが多々あります。しかし、患う男性自身だけではなく女性から忌み嫌われる場合もあるのです。一般的に、ペニスは大きくてたくましいものが好まれると言われています。

 

真性包茎の場合、ペニスの成長が妨げられることがあるため短小であることが多いのです。また、亀頭が包皮によって過度に保護されているため刺激に弱く早漏にもなりやすいです。

 

いざ女性とセックスしても、十分に満足させることが困難となります。結果として女性から避けられやすくなってしまうのです。

 

真性包茎が原因で消極的になることがある

 

男性にとってペニスは異性とのセックス時に必要不可欠なものであり、評価にもつながるものです。しかし、真性包茎は男性にとっても女性にとっても問題点が多いものです。真性包茎であるという理由で女性からの評価が得られず、セックスをしたとしても満足できる結果にならないのです。

 

そのため、真性包茎の男性は消極的になってしまいます。消極的になることは言い換えれば奥手になってしまうことであり、積極的な男性が好きな女性から好かれることはありません。

 

男女の関係では時として積極的なアピールが必要であり、ペニスがそれにもたらす影響は大きいものです。ペニスという部位にコンプレックスがあることは、男性自身の心境にマイナスに左右するものです。自身を持てるようになるためにも真性包茎を治療することは重要なことであると言えます。

【確認】長茎手術の費用トラブルを避ける5つのポイントとは?