包茎でデメリットだと感じる瞬間とは?

包茎でデメリットだと感じる瞬間とは?

包茎は男性にとって恥ずかしい状態というのが一般的として流布していますが、一部では包茎は切る必要はない、切ってはいけないという意見もあります。しかし、不要かどうかにかかわらず包茎であるために感じるデメリットが大きいことは事実です。

 

包茎は不衛生で病気になりやすい

 

股間が不衛生

包茎最大のデメリットは不衛生な点です。亀頭が包皮に包まれているため汚れが溜まりやすく、尿もうまく排泄されず、また射精時の精子の残りも包皮と亀頭の間に残ってしまいがちです。そうして不衛生になるとペニスが嫌な臭いを発したり、性病にかかるリスクも高めてしまいます。パートナーとのセックスの際も包茎であると、不衛生ということで病気を持っていないかと心配されてしまいます。

 

もちろん、毎日しっかりと包皮を剥いて洗ったり、定期的に向いては湿気を取り除いていれば問題ありません。このように通常時は包茎でも剥くことができる仮性包茎であれば衛生面を保てます。しかしまったく亀頭を露にできない真性包茎では不衛生の度合いも高く、性病を抱えるリスクも高いです。

 

包茎は異性に対して後ろ向きになりやすい

 

包茎であることを恥ずかしがって異性に消極的になってしまうのも、デメリットに感じてしまう瞬間です。先に述べたように、包茎は不衛生なイメージがあるため女性に抵抗を持たれる恐れがあります。また包茎であると亀頭は刺激に弱いこともあり、早漏でパートナーをセックスで満足させにくいことも問題にあげられます。さらに包茎であるとペニスの成長が妨げられて短小になりやすいことも、セックスの問題点となってしまいます。

 

女性のすべてが包茎に対して嫌なイメージを持っているわけではありません。しかし男性はすべての女性が包茎に対してマイナスイメージを持っているのだと怖がりコンプレックスを抱えてしまいます。包茎だから女性を満足させられないというだけでなく、メンタル的にも自信を失ってしまうことで、異性との付き合いに後ろ向きになってしまいます。

 

包茎を治すとなるとお金がかかる

 

包茎の治療はセルフケアでどうにかなるものではありません。皮は伸びるため真性包茎を仮性包茎に変えることはできますが、余った皮を除去するにはクリニック等で除去手術を受けなければいけません。もちろん無料で受けられるわけではありませんから、正常に剥けている人と比べて余計にお金がかかってしまうのもデメリットです。

 

ですが、手術にお金がかかるといっても驚くほどの金額ではありませんし、手術内容も難しくなく日帰りも可能です。お金がかかる、相談が恥ずかしいと包茎を抱えたままでデメリットを感じ続けるよりも、早くに相談して解決した方が健康的ですし、異性に対して自信も持てるでしょう。

【確認】長茎手術の費用トラブルを避ける5つのポイントとは?