長茎手術を受ける場合のクリニック選びの注意点

長茎手術を受ける場合のクリニック選びの注意点

「温泉で堂々と裸になることができない」「パートナーに驚かれてしまった」など、ペニスが短いコンプレックスを抱えている場合に有効なのが「長茎手術」なのですが、長茎手術を受けるにあたっては、まずは信頼して治療をお任せすることができるクリニックを探す必要があります。

 

信頼の握手

 

というのも、万が一手術が失敗に終わるようなことがあれば、心身共に傷を負ってしまうことにもなりかねないからです。今回は、長茎手術を受けるクリニックを選ぶ段階で注意して欲しい注意点について、ご紹介したいと思います。

 

実績が豊富かどうか

まず、1つ目の注意点としては、「実績が豊富かどうか」ということです。やはり実績が豊富なクリニックのほうが、納得のいかない結果になってしまう可能性は低いですし、実績が豊富なクリニックには、必ずと言っていいほど「名医」がいるので、安心して治療を受けることができます。

 

患者目線の対応をしているかどうか

2つ目の注意点としては、「患者目線の対応をしているかどうか」ということです。例えば、「24時間体制でサポートを行っている」「わかりやすくて良心的な料金設定である」「男性スタッフのみで対応している」といったことが、患者目線での対応をしている証拠になります。

 

口コミを必ずチェックする

3つ目の注意点としては、「口コミを必ずチェックする」ということです。クリニックの公式サイトには、当たり前ですが前向きなことしか書かれていないのですが、実際に手術を受けた方の口コミには真実が書かれています。公式サイトの掲載内容が嘘だというわけではありませんが、口コミも合わせてチェックしたほうがより確実です。

いざ長茎手術へ!長茎手術全体の大まかな流れ

長茎手術を受けるにあたっては、一連の流れがどのような形で進んでいくのかということも気になりますよね。そこで今回は、長茎手術を受ける場合の全体の大まかな流れをご紹介します。

 

@長茎手術を受けるクリニックを探して予約を入れる

 

まずはクリニックを選ぶ段階からスタートします。インターネットを使って、「このクリニックなら信頼できる」というクリニックを探し、電話やメールで予約を入れます。

 

Aクリニックに行ってカウンセリング(診察)を受ける

 

予約を入れた日にクリニックに行き、カウンセリング(診察)を受けます。この段階で、どの方法の長茎手術が行われるのかが決まります。

 

B麻酔を打つ

 

手術の前に麻酔を打ちます。局所麻酔を打つ場合が多いですが、不安な方に対しては全身麻酔を行ってくれる場合もあるので、カウンセリングの段階で相談しておきましょう。

 

C手術を受ける

 

実際に手術を受けますが、切開を伴う手術のほうが時間がかかります。また、クリニックによっても所要時間の目安がまちまちなのですが、いずれの手術方法に関しても、多めに見積もっても30〜60分程度で終了すると考えておいて良いと思います。

 

D帰宅する

 

入院する必要がない手術であるため、治療が終わったらそのまま帰宅することができます。

 

E経過を診てもらう

 

通院が可能な状況であれば、経過を診てもらうために一度通院しますが、通院不要な場合もあります。また、抜糸が必要とされる場合は、抜糸のために通院する必要があるので、通院に関してはクリニックの指示に従って下さい。

 

長茎手術全体の大まかな流れは、このようになるので、あらかじめ把握しておきましょう。

クリニック公式HP 切る 切らない
お勧め↓
→ABCクリニック
300,000円〜
【埋没部露出術】
150,000円〜
【切らない術式】
本田ヒルズタワー 非公開 非公開
東京スカイクリニック 300,000円〜
【V-Yスキン法】
150,000円〜
【トライアングル法】
東京メンズサポート - 300,000円〜
【切らない長茎術】
コムロ美容外科 400,000円〜
【コムロ式ドローアウト法】
100,000円〜
【脂肪吸引長茎術】
※費用は公式HPで公開されている分を掲載しています。定価での掲載となるため、各院オリジナルのキャンペーンが実施されている場合があり、場合によっては30%OFFや半額になるケースもあります。変更されている場合もありますので、詳しくは各院公式HPをご確認ください。又、各院無料のカウンセリングが実施されています。その際に費用の見積もりを提示してもらえます。