長茎手術を受けると勃起力を維持できなくなるのは本当なの?

長茎手術を受けると勃起力を維持できなくなるのは本当なの?

長茎手術をすると勃起力が失われてしまうという噂があります。本当に勃起力がなくなってしまうのか、実際に手術を受けた人の口コミなどを元に検証してみました。

 

長茎手術をすると勃起力を維持できない?

 

ネットなどに長茎手術をすることにより、勃起力を維持できなくなるのではという噂が書かれていることがあります。実際にイメージをすると、ペニスが長くなってしまうと勃起時の角度が変わってしまうように感じます。

 

しかし、基本的に長茎手術をしても勃起時のサイズはそれほど変わらないとされています。大抵のクリニックの長茎手術では勃起時の大きさを増大することはできないと紹介されています。そのため、勃起をしても従来と同じ感覚を保つことができ、勃起力がなくなるということはありません。

 

勃起力がなくなったと感じてしまう理由

 

手術後に勃起力が維持できなくなったと感じてしまう理由はいくつか存在します。手術後すぐは慣れるまでペニスに違和感があるため、勃起しにくいと感じてしまったり、痛みを感じてしまうことがあります。

 

しかし、違和感や痛みは一時的なものですぐに解消されます。手術後しばらくしても勃起力がないと感じる場合には、医師のミスにより後遺症が起きてしまっている可能性があります。不安に感じた場合には、すぐにクリニックや医師に相談しても良いでしょう。

 

勃起しにくくなるケースはない?

 

実際に手術を受けた人が勃起しにくくなったというケースは、例外を除いてありませんでした。医療ミスなどが原因による勃起力喪失以外は、時間の経過とともに自然に勃起できるようになっている人が大部分です。

 

完全に勃起しなくなってしまっては、男としての自信を喪失してしまうことに発展してしまいますので、不安に感じてしまうでしょう

 

勃起力がなくなってしまうという噂は、技術力の低い医師による医療ミスなどが原因で書かれているものがほとんどです。基本的には勃起が難しくなることはありません。

【確認】長茎手術の費用トラブルを避ける5つのポイントとは?