切らない長茎術を受けたことは誰にもバレずに済むの?

切らない長茎術を受けたことは誰にもバレずに済むの?

男性にとってペニスはサイズの小ささや包茎などの症状によりコンプレックスを抱きやすい部位です。そして、デリケートな部位でもあり男性であってもサイズや包茎などの悩みは恥ずかしいと思う人がいます。切らない長茎術でも、受けてみたいけれど恥ずかしいと感じてためらってしまうケースは少なくありません。

 

切らない長茎術は誰にもバレずに受けることができるか

 

長茎術をはじめ、ペニスに施す施術は男性患者のペニスに直接影響を及ぼす治療です。施術中は担当する医師が患者のペニスを常に見ている状態であり、患者が恥ずかしいと思うことがあります。

 

そして、ペニスはデリケートな部位です。男性患者としては施術を受けたことを他人にバレずに済ませたいと思うことは当然です。クリニックは秘密を厳守します。つまり、男性患者が切らない長茎術を受けたことが周囲にバレてしまうことは通常ではあり得ません

 

傷跡が残らないためバレる心配はない

 

従来の切る長茎術ではペニスに傷跡が残ることがあり、それが原因で施術を受けたことがバレてしまうことがありました。たとえば多くの人が裸で入る温泉施設や更衣室、また異性とのセックスではペニスを見られてしまうことがあります。傷跡が残ってしまうと、そのようなシチュエーションでバレてしまうことがあります。

 

しかし、切らない長茎術はペニスに直接メスを入れるわけではありません。患部の処置も適切で施術を担当する医師の腕前が良ければ傷跡の心配はありません。つまり、いざ他人に見られた場合でも傷跡がないためバレることはありません。

 

そもそも施術を受けたことを他人に言う義務はない

 

男性患者は苦渋の決断の末クリニックを訪れるものです。コンプレックスを解消することが目的であり、それは自分自身の問題であることが多く、パートナーとなる女性がいたとしても施術を受けるのは自分の身体です。

 

そもそも、施術を受けたことを他人に言う義務があるわけではありません。傷跡がなければバレることはなく、施術を受けたことを自分から他人に告げる必要性はありません。もちろん、パートナーや親しい友人に自らカミングアウトすることは自由です。

 

切らない長茎術の施術を受けたいけれど周囲にはバレたくないと思うことは当然であり、患者の心理としては当たり前のことです。クリニックが男性患者の情報を周囲に言いふらすことは常識では考えならず、誰がいつ施術を受けたかは厳守されます。男性ならではのデリケートな問題であるがゆえ、バレる心配なく施術を受けることができます。

【確認】長茎手術の費用トラブルを避ける5つのポイントとは?